当院の特徴

料金案内

Q&A

インプラント

インプラントについて

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生えてきません。
そのため今までは『入れ歯」などを用いるしか
その部分を補う方法はありませんでした。

しかし『入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、
発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなって
ガタついてきたりする等の症状があらわれます。
このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法
『インプラント治療』をご紹介いたします。

インプラント治療とは

失ってしまった白分の歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、
その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
固定性であるためガタついたりせず、
白分の歯のように噛めるようになります。

京セラメディカルPOIEXインプラント

当院では、京セラメディカルPOIEXインプラントを使用しております。
POIインプラントは現在、日本で使用されているインプラントの中で
シェアNO.1のインプラントシステムです。
日本でシェアNO.1になるということは、
それだけ安全性、確実性、予知性が評価されていると
いうことだと思われます。
患者様には、信頼されているシステムを使用して治療することが
私ども歯科医師のつとめだと思います。

最新の設備

当院では、最善のインプラント治療を施すために、様々な診断・治療機器を取り揃えております。
詳しくは、最新の設備 をご覧ください。

インプラント治療の症例

骨造成後のインプラント手術 1

他院からの紹介で「左下にインプラントをしてほしい」とのご要望で来院されました。

下顎左側、前から5、6、7番目の部位の骨欠損が著しく、即時のインプラント埋入は
不可能と診断したため、骨造成、インプラント埋入の二回に分けて手術を行いました。
骨欠損部には骨補填剤を填入後、チタンメッシュカバーを行っています。

また、右上6番目の歯もソケットリフトにて骨造成を行い、インプラント植立しています。

≪手術前写真│左:口腔全体, 右:治療箇所のアップ»
≪インプラント埋入箇所の骨の再生中│左:口腔全体, 右:治療箇所のアップ»
≪手術後写真│左:口腔全体, 右:治療箇所のアップ»

骨造成後のインプラント手術 2(サイナスリフト)

上顎左側、前から4番目の部位の骨植不良のインプラント除去と同時に、
5、6、7番目の部位のサイナスリフト手術、インプラント同時埋入を行った症例です。

≪手術前写真│左:口腔全体, 右:治療箇所のアップ»
≪骨造成後、インプラント埋入│左:口腔全体, 右:治療箇所のアップ»
≪手術後写真│左:口腔全体, 右:治療箇所のアップ»

インプラントを複数本埋入した例

インプラント治療は高額である為、患者様にとっては必要最小限の数であるのが望ましいです。
しかし、部位によって、最大限の効果を発揮するにはインプラントが求められます。
下記は、初診時の治療計画に基づいて行った症例です。

≪左:手術前, 右:手術後»

60代 男性 会社経営 県内/他院からの紹介

初診時:上下義歯使用
下の入歯が合わなくなってきたのでインプラントにしてみたいという事で来院

 
≪手術前写真»   ≪手術後写真»
入れ歯が入りそうも無いほど骨が痩せたことが原因でご来院。
カウンセリングをするとともにインプラントのご案内。
自分にもできるのか?こんないいものがあるのを知らなかった。
とにかくやってください。
上下噛めるようにとのご要望で、インプラント手術を行いました。
とのご要望でインプラント手術を行いました。

50代 女性 会社員 都内/当院患者さんの紹介

きっかけ:上の義歯が合わない
過去に当医院でインプラント治療を受けられた患者さんの紹介
左右臼歯部にソケットリフトを行い、インプラント植立をしました。

 
≪手術前写真»   ≪手術後写真»
義歯の支えになっていた左右の奥歯が揺れてきて痛むとのご相談。
インプラントを植立するにあたり、左右臼歯部に骨が存在しないので
植立と同時にソケットリフト処置を行いました。