当院の特徴

料金案内

Q&A

スポーツマウスガード

スポーツマウスガードについて

大切な歯と顎を守りましょう。

スポーツにはケガがつきものです。
マウスガードは口の中の保護装置で、マウスピース、マウスプロテクター
などとも呼ばれ、上顎の歯につけることが多いのですが、
スポーツによっては下のほうにだけ、あるいは上下につけることもあります。

とくに動きの早いスポーツ、コンタクト(接触)の多いスポーツでは、
顎(がく・あご)や顔面領域のケガの発生率が高くなっています。
スポーツ歯科診療をおこなっている歯科医院では、ケガの予防のための
マウスガードの製作や、歯や顎などのケガの治療などをおこなっています。

注意!

マウスガードにはスポーツ用品店などで販売されている簡易型のものもありますが、
口をあけるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができず顎関節(がくかんせつ)を
痛めるなど、かえって危険なことがあります。歯科医院で型をとって精密に作るものが安全です。

症例
  顎の骨折では下顎の正中部での骨折が多くみられます。
歯が抜けおちたときは、歯をやさしく洗ってホコリや
泥などを落とし、牛乳や水でぬらしたガーゼや
ハンカチなどで包んだり、乾燥させないようにして、
できるだけ早く歯科医院に行きましょう。
歯が元どおりになることなることがあります。
 
 

口のあたりに軽くボールが当たったりしただけでも、
そのままにしておくと、歯の神経が死んでしまい
変色歯となってしまうことがあります。
ちょっとしたことでも
歯科医院で検査を受けるようにしましょう。

また、マウスガードは脳震盪(のうしんとう)の
予防にもなり、
外力から顎と口のまわりへの衝撃をやわらげ、
歯の破折や、顎の骨折、口の中・口の外の軟組織の
ケガを防止するものです。

マウスガードの多様な効果

スポーツ先進国アメリカの歯科医師会の報告によると、
合衆国内でおこなわれるスポーツの試合中にマウスガードを装着することで、
年間200,000件以上の口腔領域のスポーツ外傷を防いでいるとしています。
日本においても最近、予防効果が高いという同様な学会報告がみられます。

マウスガードにはこのような効果があります
■ 歯の保護
■ 口腔・口唇周辺部の裂傷予防
■ 顎部の骨折の予防  
■ 顎関節の保護
■ 脳震盪の予防

多くのスポーツ選手は、パワーを出すために歯を食いしばります。
マウスガード装着時の食いしばりは、マウスガードを
すり減らしてしまいます。マウスガードは少なくとも
1年に1回はすり減りや破損をチェックしてもらい、
いたんだものは作りかえることをおすすめします。

また成長期のお子さんは、
かならず2〜3か月に一度はチェックを受けましょう。